Kenny Dorham / ケニー・ドーハム

Kenny Dorham / ケニー・ドーハム
Biography

ケニー・ドーハム(Kenny Dorham, 1924年8月30日 – 1972年12月5日)はテキサス州フェアフィールド出身のジャズ・トランペット奏者。ビバップを代表するトランペッターの一人。本名:McKinley Howard Dorham 。

ビリー・エクスタインやディジー・ガレスピー、ライオネル・ハンプトン、マーサー・エリントンのビッグ・バンドや、チャーリー・パーカーのクインテットで活躍。アート・ブレイキーが形成するジャズ・メッセンジャーの一人としても知られる。

 ・ Kenny Dorham / Amazon Store

 ・ Spotify : Kenny Dorham / ケニー・ドーハム

Kenny Dorham / ケニー・ドーハムのビデオ・リスト

  ・KENNY DORHAM – ROUND ABOUT MIDNIGHT

  ・KENNY DORHAM – AFRODISIA

  ・Kenny Dorham Quartet – Lotus Blossom

Kenny Dorham / ケニー・ドーハムの生い立ちと活動

セロニアス・モンクソニー・ロリンズのサイドマンとしても録音に参加し、1956年に死去したクリフォード・ブラウンの後継としてマックス・ローチのクインテットに加わる。

サイドマンの仕事の傍ら、ジャズ・プロフィッツを含む自身のグループを持つ。ジャズ・プロフィッツの演奏はブルー・ノートの1956年のアルバム”Round About Midnight at the Cafe Bohemia.”で聞くことができる。

その前年の1955年にはアフロ・キューバン・ジャズの金字塔”Afro-Cuban”を発表。
1959年にプレスティッジから”Quiet Kenny”を発表。
前者を『動』のケニーだと表現するのに対して、後者を『静』のケニーと表現する者が多い。

  

1963年に26歳のテナー・サックス奏者ジョー・ヘンダーソンを加え、”Una Mas”を録音。両者は仲がよく、ヘンダーソンのアルバム”Our Thing”や”In’n’Out”等にドーハムが参加している。1960年代始めにブラジルに赴いた。1960年代に頻繁に録音しており、ブルーノートやプレスティッジで聞くことができる。リーダーとしての他、ヘンダーソン、ジャッキー・マクリーン、シダー・ウォルトン、ミルト・ジャクソンのサイドマンとしてみられる。

腎臓病を患い、1972年に死去。