Clifford Brown / クリフォード・ブラウン - 100Trumpeter.com

Clifford Brown / クリフォード・ブラウン
Biography

クリフォード・ブラウン(Clifford Brown、1930年10月30日 – 1956年6月26日)は、アメリカ合衆国のジャズミュージシャン(トランペット奏者)。ハード・バップ期初期の卓越したプレイヤーであり、ドラマーのマックス・ローチとのバンド活動は高く評価され、「ブラウニー」の愛称で親しまれている。その艶やかな音色からファッツ・ナバロの再来とも呼ばれた。

 ・ Amazon : Clifford Brown

 ・ Spotify : Clifford Brown / クリフォード・ブラウン

Clifford Brown / クリフォード・ブラウンのビデオリスト

  ・CLIFFORD BROWN : ONCE IN A WHILE

  ・Helen Merrill with Clifford Brown / You’d Be So Nice To Come Home To

  ・Clifford Brown – Embraceable You

  ・Clifford Brown – “Stardust”

  ・Clifford Brown – Memories of You

Clifford Brown / クリフォード・ブラウンのおすすめのアルバム

  ・A Night at Birdland / バードランドの夜[1954.2]

  ・Clifford Brown & Max Roach [1954]

  ・Helen Merrill with Clifford Brown / ヘレン・メリル [1955]

  ・Clifford Brown With Strings / ウィズ・ストリングス [1955.1]

  ・Study in Brown / スタディ・イン・ブラウン [1955.2]

Clifford Brown / クリフォード・ブラウンの生い立ちと活動

デラウェア州ウィルミントン生まれ。父が持っていたトランペットに興味を示し、12歳の頃から吹き始める。

1948年、デラウェア州立大数学専攻入学、1949年、メリーランド州立大音楽科専攻転校。

学生バンドなどで演奏活動をしていた頃、ディジー・ガレスピーに出会い、本格的にジャズ・ミュージシャンを目指すようになる。フィラデルフィアを拠点に活動していた頃、チャーリー・パーカーと共演。チャーリーはクリフォードの演奏に感銘を受け、アート・ブレイキーにクリフォードを推薦した。

1953年、タッド・ダメロン楽団に参加。同年、J・J・ジョンソンと共演。同年、アート・ブレイキーのサポートを得て、初のリーダー・セッションを行う。同年、ライオネル・ハンプトン楽団のヨーロッパ・ツアーに参加。

1954年2月21日、ニューヨークのジャズ・クラブ「バードランド」で、アート・ブレイキーを中心に行われた歴史的セッションに参加。この模様は『バードランドの夜』というタイトルでレコード化された。

同年、マックス・ローチとともにクリフォード・ブラウン = マックス・ローチ・クインテット結成。
アルバム『クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ』やアルバム『スタディー・イン・ブラウン』に演奏が残されている。

1955年11月には、ソニー・ロリンズがメンバーとして加わる。

1956年6月26日、リッチー・パウエル(バド・パウエルの弟)の妻、ナンシーの運転する車にリッチーと共に便乗してフィラデルフィアからシカゴに向かう途中、ペンシルベニア・ターンパイクで交通事故死。25歳。事故当夜は雨が降っており、ナンシーを含めて3人全員がこの事故で亡くなった。

サックス奏者のベニー・ゴルソンは、クリフォードの死に激しいショックを受け、1957年、クリフォードを追悼してバラード「アイ・リメンバー・クリフォード」(I Remember Clifford) を作曲した。この曲はジョン・ヘンドリックスによって歌詞を与えられ、ジャズ・スタンダードとなった。トランペット奏者のリー・モーガンによる演奏で知られる。

他の共演者はヘレン・メリル、ルー・ドナルドソン、エルモ・ホープ、フィリー・ジョー・ジョーンズ、ジジ・グライス、チャーリー・ラウズ、ジョン・ルイス、ホレス・シルヴァー等が挙げられます。