人気アルト・サックス奏者キャノンポール唯一のブルーノート盤は、当時彼のボスであったマイルス・デイヴィスも参加。演奏、メンバー、ジャケットデザインが3拍子揃った奇跡の作品。究極の「枯葉」を収録したモダン・ジャズの聖典といえる内容。 (C)RS

ジャズの人気盤としてはトップ・クラスにランクされる屈指の名盤。マイルス・バンド時代のキャノンボールは1958年から59年にかけて、『マイルストーンズ』『ポーギーとベス』『カインド・オブ・ブルー』といったマイルスの諸作に参加したが、本作はまさにそうした時代の録音。契約上の関係でキャノンボールのリーダー名義になっているが、実質上のリーダーはマイルスだったといわれる。
確かにアルバムのハイライトはマイルスの絶妙なミュート・プレイが冴える<1>。この曲はジャズのレパートリーとしては間違いなくベスト3に入る人気曲だが、それもすべて本作におけるマイルスの名演ゆえ。だからこの1曲を聴くために買っても絶対に後悔はしないはず。
リズム・セクションが腕達者ぞろい(ハンク・ジョーンズ、サム・ジョーンズ、アート・ブレイキー)という点も魅力だ。ジャズって難しそうと思っている人がいたら、まずこのアルバムから聴くことをすすめる。そしてこのアルバムを聴いてつまらないと思ったら、ジャズとは縁がなかったということ。(市川正二)

(as)キャノンボール・アダレイ
(tp)マイルス・デイヴィス
(p)ハンク・ジョーンズ
(b)サム・ジョーンズ
(dms)アート・ブレイキー

●録音:1958-3

 ・ Somethin’ Else / amazon

 ・ Cannonball Adderley feat. Miles Davis ” Autumn Leaves” (1958)

 ・ Spotify : Somethin’ Else (1958) / サムシン・エルス+1