「ニューヨークのため息」というキャッチフレーズを思いついたのは誰なのか知らないが、たしかにヘレン・メリルはニューヨークの出身であるし、ハスキーヴォイスの哀感漂う歌声、インテリジェンスを感じさせる都会的な歌声は、ウディ・アレンの映画にもぴったりとマッチする。
ヘレンの最高傑作といえば、1954年に録音した本作できまりだろう。極め付きの<2>はコール・ポーターの名曲だし、ほかにガーシュウィンやロジャース&ハートらのメジャースタンダードを取りあげていて、選曲がいい。それらの曲を控えめに料理したクインシー・ジョーンズのアレンジも冴えている。そして、クリフォード・ブラウンの素晴らしいトランペットソロが聴けるのも本作の魅力だ。当時25歳だったヘレンのみずみずしい歌声と輝かしいブラウンのソロ。その絶妙なコンビネーションがなんともいえずいい。2曲目が突出したかたちで有名になってしまったけど、ほかの曲もすべてチャーミングだ。(市川正二)

 ・ helen Merrill / amazon

 ・ Spotify : Helen Merrill with Clifford Brown (1955) / ヘレン・メリル

ディスク:1
1. Don’t Explain
2. You’d Be So Nice To Come Home To
3. What’s New
4. Falling In Love With Love
5. Yesterdays
6. Born To Be Blue
7. ‘S Wonderful

Clifford Brown のビデオリスト

Helen Merrill with Clifford Brown / You’d Be So Nice To Come Home To