レッド・クライはトランペット奏者、フレディ・ハバードのアルバム。「レッド・クレイ」「デルフィア」他、全4曲を収録。1970年録音。

 ・ amazon : Freddie Hubbard : Red Clay (1970) / レッド・クライ

CTI時代の1970年に録音したフレディ・ハバードの人気作。ジョー・ヘンダーソン、ハービー・ハンコック、ロン・カーター、レニー・ホワイトが参加した陣容は当時のCTIオールスターズといっていい豪華な顔ぶれだし、フレディのオリジナル曲もチャーミングとあって、あの時代のフレディのアルバムの中ではもっともインパクトの強い作品だ。
一般にCTIというとストリングスを加えたイージーリスニング調の演奏をイメージしてしまうが、本作はハード・バップ全盛期の典型的なフォーマットをそのまま踏襲した2管クインテットによるストレート・アヘッドな演奏。ただしハービーは全編エレクトリック・ピアノないしオルガンを弾いていて、そのあたりはいかにも70年代的といえる。輝かしい音色でエネルギッシュなソロを繰り広げるフレディの雄姿が頼もしい。キャッチーなメロディのタイトル曲が一番の人気曲だが、バラードの<2>も味わい深い。なお<5>はオリジルLPには未収録だった演奏で、CDの時代になって追加されたボーナス・トラックだ。(市川正二)

 ・ Spotify : Freddie Hubbard : Red Clay (1970) / レッド・クライ

ディープでスピリチュアルな1970年代、脂の乗り切ったフレディの真骨頂!天才プロデューサー、クリード・テイラーとルディ・ヴァン・ゲルダーが時を経て命を吹き込んだ! (C)RS

ディスク:1
1. Red Clay
2. Delphia
3. Suite Sioux
4. The Intrepid Fox
5. Cold Turkey
6. Red Clay (Alternate Version) (Bonus Track)