ブルーノートを代表するトランペット奏者、ドナルド・バードの名盤『ブラック・バード』の原点とも言える1960年代後半の代表作。才人デューク・ピアソンのフェンダー・ローズを大きくフィーチャーした10人の大編成でポップかつ斬新な音世界を展開。ラテン・タッチのタイトル曲や<アイ・ラヴ・ザ・ガール>はクラブ・シーンの定番。 (C)RS

 ・ amazon : Donald Byrd : Fancy Free (1970) / ファンシー・フリー

 ・ Spotify : Donald Byrd : Fancy Free (1970) / ファンシー・フリー