ハードバップの名トランペッター、ドナルド・バードが、一転ブラック・ファンク界の寵児となった大ヒット・アルバム。
バードの教え子でもあるラリー、フォンスのマイゼル兄弟を起用し、新しい時代のブラック・コンテンポラリー・サウンドを志向した記念碑的作品。(BNLA047)

1950年代の半ば、クリフォード・ブラウンの後継者として注目を集めたバードも、その後はハード・バップ~モードを経て、新しい流行音楽のブラック・ファンクに開眼。1970年代初頭のソウル~ファンク~フュージョン・ブームのなかで一世を風靡したのが本作。

 ・ amazon : Black Byrd (197#)

 ・ Spotify : Black Byrd (1973) / ブラック・バード