Maynard Ferguson / メイナード・ファーガソン - 100Trumpeter.com

Maynard Ferguson / メイナード・ファーガソン
Biography

ウォルター・“メイナード”・ファーガソン(Walter Maynard Ferguson、1928年5月4日 – 2006年8月23日)は、カナダ出身のジャズ・トランペット奏者。ハイノート・ヒッター(非常に高い音域を正確に演奏すること)で知られている。

 ・ amazon:Maynard Ferguson / メイナード・ファーガソン

 ・ Spotify : Maynard Ferguson / メイナード・ファーガソン

Maynard Ferguson / メイナード・ファーガソンのアルバム

As leader
1954 – Maynard Ferguson’s Hollywood Party (EmArcy)
1954 – Jam Session featuring Maynard Ferguson (EmArcy)
1955 – Dimensions (EmArcy)
1955 – Maynard Ferguson Octet (EmArcy)
1955 – Around the Horn with Maynard Ferguson (EmArcy)
1956 – Birdland Dream Band, Vols. 1 & 2 (Vik 1955)
1957 – Boy with Lots of Brass (EmArcy)
1958 – A Message from Newport (Roulette)
1958 – Swingin’ My Way Through College (Roulette)
1959 – A Message from Birdland (Roulette)
1959 – Maynard Ferguson Plays Jazz for Dancing (Roulette)
1960 – Newport Suite (Roulette)
1960 – Let’s Face the Music and Dance (Roulette)
1960 – Maynard ’61 (Roulette)
1960 – Double Exposure (Atlantic) with Chris Connor
1961 – “Straightaway” Jazz Themes (Roulette)
1961 – Two’s Company (Roulette) with Chris Connor
1962 – Maynard ’62 (Roulette)
1962 – Si! Si! M.F. (Roulette)
1963 – Maynard ’63 (Roulette)
1962 – Message from Maynard (Roulette)
1963 – Maynard ’64 (Roulette)
1964 – The New Sounds of Maynard Ferguson (Cameo)
1964 – Come Blow Your Horn (Cameo)
1964 – Color Him Wild (Mainstream) – Reissued as Dues
1964 – The Blues Roar (Mainstream) – Reissued as Screamin’ Blues
1965 – The Maynard Ferguson Sextet (Mainstream) – Reissued as Six By Six and as Magnitude with bonus tracks
1966 – Ridin’ High (Enterprise)
1968 – Trumpet Rhapsody (MPS) – Reissued as Maynard Ferguson 1969
1969 – The Ballad Style of Maynard Ferguson (Columbia)
1970 – Maynard Ferguson and Gustav Brom’s Orchestra Czechoslavakia (Supraphone)
1970 – M.F. Horn (Columbia) – also released as The World of Maynard Ferguson
1971 – Maynard Ferguson (Columbia) – also released as Alive and Well in London
1972 – La Prima Notte Di Quiete (Film Soundtrack)
1972 – M.F. Horn Two (Columbia)
1973 – M.F. Horn 3 (Columbia)
1974 – M.F. Horn 4&5: Live At Jimmy’s (Columbia)
1974 – Chameleon (Columbia)
1976 – Primal Scream (Columbia)
1977 – Conquistador (Columbia)
1977 – New Vintage (Columbia)
1978 – Carnival (Columbia)
1978 – Uncle Joe Shannon (United Artists) (Film Soundtrack)
1979 – Hot (Columbia)
1980 – It’s My Time (Columbia)
1982 – Hollywood (Columbia)
1983 – Storm (Palo Alto)
1984 – Live from San Francisco
1986 – Body and Soul (Reissued in 2016 with previously unreleased material)
1987 – High Voltage, Vol. 1 (Both High Voltage albums reissued in 2016 with previously unreleased material)
1988 – High Voltage, Vol. 2 (Both High Voltage albums reissued in 2016 with previously unreleased material)
1990 – Big Bop Nouveau (Reissued in 2016 with previously unreleased material)
1992 – Footpath Cafe
1993 – Live from London (Recorded before Footpath Cafe but released after)
1994 – These Cats Can Swing
1996 – One More Trip to Birdland
1998 – Brass Attitude
1999 – Big City Rhythms (with Michael Feinstein)
2001 – Swingin’ for Schuur (with Diane Schuur)
2006 – M.F. Horn VI: Live at Ronnie’s
2007 – Sextet 1967 (Previously unreleased live in studio recordings for the CBC)
2007 – Orchestra 1967 (Previously unreleased live in studio recordings for the CBC)
2007 – The One and Only (Ferguson’s last recordings, done a few weeks prior to his death)

Maynard Ferguson / メイナード・ファーガソンの経歴

1928年5月4日、カナダ・ケベック州ヴェルダン(現在のモントリオールの一部)生まれ。両親の薦めで4歳にはピアノとヴァイオリンを習う。9歳の時、地元の教会で聴いたコルネットの音色に感銘を受け、両親に頼んでトランペットを手に入れ、以来奨学金制度を利用してトランペットに励むこととなる。13歳の時(1941年)にはカナダ放送協会楽団で天才的な子供として取り上げられ、ソロを披露している。

1949年、21歳の時にアメリカに移住、スタン・ケントン楽団に加わり頭角を現す。当時はまだ若かったため、楽団のツアーに両親がついて回ったというエピソードが残されている。1954年にスタン・ケントンの下を去ってパラマウント・ピクチャーズに入り、『十戒』などの映画でリードトランペットを担当した。

パラマウントを去った後、バードランドドリームバンドを結成するも、1960年代には当時のアメリカ音楽の変化に失望感を抱き、イギリスへの移住を計画していたとも伝えられる。

1976年8月1日に行われたモントリオールオリンピックの閉会式では、トランペットのソリストを務めた。その後は、自身のビッグバンドを率いて活動。1977年のシングルであるロッキーのテーマ「ゴナ・フライ・ナウ」は、ビル・コンティによるバージョンが全米1位の大ヒットとなったが、ファーガソンのバージョンも30位以内に入るヒットとなった。なお、同曲にはリズム・ヘリテージのカバーもある。

ダブル・ハイC(2オクターブ上のC=ド)を奏でることができるその演奏は、映画音楽やテレビ音楽などで印象的に用いられた。日本では「スター・トレックのテーマ」が日本テレビ系『アメリカ横断ウルトラクイズ』(すでに終了)のテーマ曲として、「ハリウッド」が日本テレビ系『全国高等学校クイズ選手権』のテーマ曲として使用されており、ファーガソンの名を知らなくともその演奏は広く全国に知れ渡っている。それ以外にも、フュージョン時代の楽曲は、全盛時の新日本プロレスにおける来日外国人レスラーなど、格闘家の入場テーマ曲などで多数使用された。

2006年8月23日、腎臓疾患と肝臓疾患のため、アメリカのカリフォルニア州の病院で死去。9月に日本ツアーを行う予定だった。